青汁トリビア

青汁は何でみんなおいしくならないのか

青汁のイメージはどんなものでしょうか。

以前ならまずい、苦い、おいしくないというものでしょう。

とにかく飲みにくいというのが青汁でした。

そこで、飲みやすいものにするために

様々な会社が試行錯誤した結果、素材を変えてみたり、

お茶系の葉を含ませたりしたのです。

大麦若葉などはケールなどに比べるとかなり飲みやすくなっています。

それは、青汁独特の青臭さや苦みを減らすためです。

では飲み方として色々な甘いものに混ぜるのはどうでしょう。

お茶や牛乳などは混ぜても問題はないようですが、

糖分を含もジュースなどは、かえってマイナスになることもあるようです。

実は体の中で糖分を燃やしてエネルギーを出すときに

様々な有用な成分を消費してしまいます。

ですからせっかくビタミンを始めとした有用な成分を摂取しても

吸収するのに消費されてしまったら意味がありません。

そのため、糖分を入れずに飲むのが一番効果が出るという訳です。

さすがに「まずい!」という商品は減っていますから、

安心ですが、気になる製品は一度試し飲みをしてから購入する事を

おすすめしますね。

 

そもそも青汁とは

そもそも青汁とはどういったものを指すのでしょうか。

簡単に言うと、様々な植物の葉を様々な方法で搾って

抽出した野菜ジュースの事を言います。

そのままバリバリと野菜を食べると同じ栄養を取る場合、

不可能な量を青汁にすることで取ることができるのが

一番のメリットです。

一般的には、粉末タイプが基本です。何故なら、

粉末に加工することが、流通させやすく、長期保存が可能なことで、

販売しやすいからです。

また水やその他の飲料と混ぜることも容易ですし、

様々な料理やスイーツなどに使用することも可能で便利という側面もあります。

ちなみにその他の形状としては、ドリンクタイプ、冷凍タイプ、

タブレットタイプなどがあり、最近ではジェル状のものも発売されています。

 

大麦若葉って何だ

青汁を色々と探していると、原料に大麦若葉を使用している商品が

たくさんあります。ところで、大麦若葉ってどんなものか知っていますか。

私の場合、正直良く分かりませんでした。

大麦と聞くと、ビールの原料だなと感じるとは思いますが、

大麦若葉とは、文字通りその大麦に穂が出る前の

緑色の状態を指すそうです。

この若葉には、ビタミンB2やミネラル、食物繊維、酵素、

葉緑素、鉄分といった種類豊富な栄養が

バランス良く含まれているために青汁に使用されることが多いいようです。

また味に関してもケールを使っている青汁に比べると、

マイルドになるため、いかにも青汁という感じが減るのも

よく使われる理由の一つのようです。






最新情報